お知らせ

ホームお知らせ ≫ 『鼻血が出る原因について』

院長ブログ

当クリニックに関する情報や、
耳・鼻・喉に関する様々なお役立ち情報をお届けします。

『鼻血が出る原因について』

2024年7月5日

鼻の血管や鼻粘膜が何らかの原因で損傷することで、鼻から出血をすることを俗に鼻血といいます。

鼻血は医学用語で「鼻出血(びしゅっけつ)」といい、大きく分けて「物理的な刺激」「病気」「その他」の3つの原因により引き起こされます。今回は、鼻血が出る原因について解説します。

鼻血の原因は?

鼻血の原因の多くは、鼻への物理的な刺激です。

特に、鼻の入り口から約1cmのところにあり、細い血管が集まっているキーゼルバッハ部位への物理的な刺激が主な原因です。

具体的な原因は、以下の通りになります。

 

  • 鼻をほじる
  • 鼻を強くかむ
  • くしゃみを連発
  • 転倒
  • 鼻をぶつける
  • 鼻骨骨折 など

 

ほかにも、鼻の穴に何かを入れてしまったことが原因となることもあります。

特に5歳以下の子どもが好奇心やいたずらで行ってしまうことがあり、無理に取り出そうとすると鼻血が出る可能性があります。子どもが鼻の穴に何かを入れた場合には、速やかに耳鼻咽喉科を受診してください。

病気による原因

鼻血は、物理的な刺激の他に病気が原因で出ることもあります。

原因は、以下の通りです。

 

  • 鼻中隔弯曲症
  • 急性鼻炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 鼻腔内腫瘍
  • 副鼻腔腫瘍
  • 上顎洞がん
  • 白血病や血友病などの血液疾患 など

 

特に鼻血が出る原因として多いのが鼻中隔弯曲症で、鼻の左右を分ける仕切り部分が成長に伴って曲がる疾患です。

症状が重度の場合には鼻血が出やすくなります。

その他の原因

鼻血の原因は前述した内容のほかに、薬や季節などが挙げられます。

例えば薬の場合、心筋梗塞や脳梗塞などの治療に使われる、俗にいう「血液をサラサラにする薬」を服用していると、鼻血が出やすくなることがあります。

 

また、季節については、乾燥した冷たい空気が原因です。

雪が降らない地域の場合、冬になると空気が冷たくなるだけでなく、乾燥します。粘膜の表面にある粘液も乾いて傷つきやすくなるため、鼻血が出る原因の一つになることがあるのです。

 

鼻を圧迫して出血が止まる場合は、すぐに病院を受診する必要はありません。しかし、圧迫しても鼻血が止まらない、鼻血が出る頻度が多い、鼻血の量が多いなどの場合には、耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

まとめ

鼻から出血することを俗に鼻血といい、医療用語では鼻出血といいます。

鼻血の原因の多くは、鼻をほじる、外傷を負うなどの物理的な刺激です。また、鼻中隔弯曲症などの病気が原因で、鼻血が出ることもあります。服用している薬や空気が乾燥する冬なども、鼻血の原因の一つです。鼻を圧迫してすぐに鼻血が止まるようであれば、病院を受診する必要はありません。しかし、なかなか止まらない場合には、速やかに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

Instagaramも更新しておりますので、登録よろしくお願いします。

Instagram

一覧へ戻る

095-820-3300