診療のご案内

ホーム ≫ 診療のご案内 ≫ 気になる症状 ≫ においがわからない

においがわからない

※詳しくは 医師にご相談ください。

慢性副鼻腔炎 (参照:冬に多い鼻の病気)
蓄膿症のことで鼻の粘膜の炎症が慢性化するとなります。鼻づまり、鼻汁が出る、のどに流れる、嗅覚障害などの症状があります。
ウィルス感染による嗅細胞障害
風邪をひいたあと嗅いが回復しない状態で、重症の場合は生涯続きます。

完全予約制

095-820-3300