診療のご案内

ホーム ≫ 診療のご案内 ≫ 発熱外来

発熱外来について

一般の患者さんと動線を分け、発熱外来(別室)にて診察を行います。
受診される前に電話(095-920-3300)にてご相談ください。

  • 37℃以上の発熱、風邪症状、嗅覚・味覚障害など新型コロナウイルス感染症が疑われる方
  • 新型コロナウイルス陽性者と濃厚接触があった方
  • 新型コロナウイルスの検査をご希望の方

院内感染防止の観点から電子決済あるいは銀行振込(後日)での会計としております。
ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

当院で行っている新型コロナウイルスの検査について

院内感染防止を徹底しながら新型コロナウイルスの検査を行っています。
検査の際には個人用防護具を使用し、適切な標準予防策を講じた上で行います。

抗原定性検査

ウイルスのタンパク質(抗原)の有無を調べることで感染を判断する検査です。
ウイルス量が少ないと抗原を検出できないため、検査精度(検出率)はウイルスの遺伝子を増幅して検出するPCR法に劣りますが、 15分で結果が判明しますので新型コロナウイルス感染症の外来診断検査としての有用性が認められている検査です。
鼻の奥に綿棒を入れ、鼻咽頭の粘液を採取します。国が「体外診断用医薬品」として認可した抗原検査キットを使用しています。
検出感度の高い検査機器を導入しました。(2022.2月)

PCR検査

新型コロナウイルスの遺伝子を増幅して検出することで感染の有無を判断する検査です。
ウイルス量が少なくても検出することができますので新型コロナウイルス感染症の確定診断検査として確立された検査です。検査材料として唾液を採取します。
採取した唾液を長崎大学病院検査部に提出し、検査を委託しています。検査結果が判明するのは翌日以降になります。

発熱や咽頭痛など新型コロナウイルス感染症を疑う自覚症状がある場合、抗原検査、PCR検査ともに検査費用は公費負担(行政検査)となり、患者さんの自己負担はありません。
初再診料・診察料等は通常の保険診療になります。

新型コロナウイルスの自費検査について

仕事や出張で新型コロナウイルスの陰性証明が必要な方、進学や帰省などで県境を越える移動が必要な方、コンサートやスポーツなどのイベントへの参加、旅行や社会経済活動を行うために検査を希望する方に新型コロナウイルスの唾液PCR検査・抗原定性検査を行っています。

対象:自覚症状がなく、新型コロナウイルスに関する検査費用を自己負担することで希望する方

費用:唾液PCR検査 13,200円(税込、診察料込)+ 陰性証明書 3,300円(税込)
   抗原定性検査 5,500円(税込、診察料込)+ 陰性証明書 3,300円(税込)

*結果が陽性であった場合、感染症法に基づく届出を保健所に行います。検査の性質上、実際には感染しているのに結果が陰性になること(偽陰性)や、感染していないのに結果が陽性になること(偽陽性)があります。場合によっては行政検査で再検査が必要になることもあります。検査結果は検査時点での感染状況に関するものであって、陰性であっても感染早期のためウイルスが検知されない可能性やその後の感染の可能性があるため、引き続き感染予防に努める注意が必要です。

長崎県では新型コロナウイルス感染拡大傾向時の一般検査事業として無料検査を行っており、適応期間が2022.4.30まで延長(2022.4.1現在)されています。比較的予約は取れやすいようですのでご利用ください。

完全予約制

095-820-3300