耳・鼻・喉のことは長崎市銅座町に移転オープンした「江上耳鼻咽喉科・めまいクリニック」へご相談ください。

江上耳鼻咽喉科・めまいクリニック

095-820-3300

診療のご案内

ホーム ≫ 診療のご案内 ≫ 気になる症状 ≫ 咳が止まらない

咳が止まらない

のど、気管、肺の炎症や腫瘍の刺激で起こります。
後鼻漏、咳喘息、特殊な病原菌(マイコプラズマ、百日咳、結核)が原因の事もあります。

※詳しくは 医師にご相談ください。

のど・気管の炎症
咳は気道の異物、痰を取り除いて病気から自分を守ろうとする反応です。不用意に咳を止めてしまうと痰の多い時期には肺炎をおこす危険もあります。痰の出ない咳はのどや気管の炎症の可能性が大きいです。痰が少なく、咳のため眠れずに体力を消耗する場合には咳止めの治療をしましょう。
後鼻漏
後鼻漏とは鼻粘膜から出る分泌液です。吸い込んだ空気の加湿や鼻の粘膜の保護をしており、健康な場合でものどに流れています。ちくのう症や鼻咽腔炎《びいんくうえん》など鼻の症状がある場合はその量が増え痰としてのどに貯まります。鼻やのどの不快感、頑固な咳、気管支炎などの原因になります
咳喘息
喘息のようなヒューヒューという「ぜい鳴」はなく、痰も少ない咳が数週間続きます。季節の変わり目の気温変化、花粉が引き金になることもあります。繰り返しているうちに喘息になることがあります。
百日咳
昔の子供の病気と思われていましたが、現在は大人の治りにくい咳の原因として注目されています。息をする暇もないような激しい咳が起こるのが特徴です。夜間に多く起こります。疑いがあれば血液検査で判断できます。